SSL化とは? | ロリポップで独自SSLを導入する手順【WordPress】

独自ドメインにWordPressのインストールが完了したら、まずはサイトのSSL化を行いましょう。

SSL化はサイトのSEOやセキュリティを高めるためにぜひやっておくべき操作で、後からだと面倒な事情があるので最初にやっておくのがおすすめです。

SSL化とは?

SSL化とは、SSLという暗号の仕組みを使ってサイトの全ページを暗号化することです。これによってサイトセキュリティの安全性が高まります。

SSL化すると、サイトのURLが「http://~」から「https://~」の形式に変わります。

MEMO

SSL化されたサイトは「安全」なサイトとして認識され、検索エンジンからの評価が上がることをGoogleが公式発表しています。

セキュリティが高まるだけでなく、SEO対策の一環としてもSSL化は有効です。

Point

「SSL化は後回しでいいや」と思ってサイトを運営していると、あとあと面倒なことになります。

というのも、SSL化したサイトは1ページごとにリダイレクト(http:/~から始まるページにアクセスされた時にhttps://~から始まる新しいページに送り直すこと)を設定しなければならないため、サイトのページ数が多いほど作業が大変なのです。

そのため、WordPressをインストールしたらまず最初に行っておくのがおすすめです。

 

ロリポップで独自SSLを導入する手順

では、実際の手順を解説します。

サイトをSSL化

ロリポップトップページにログイン後、左メニューからセキュリティ独自SSL証明書導入をクリック。

SSL保護されていないドメインからSSL化するドメインにチェックを入れます。「www.」から始まる方にもチェックを入れておきましょう。

その後、独自SSL(無料)を設定するをクリック。

すると、SSL保護申請中と表示が変わります。

すぐにSSLで保護されているドメインをクリックすると、申請したドメインがSSL保護有効に変わっていると思います。これで完了です。

 

次にWordPressの設定変更とリダイレクトの設定を行います。

 

WordPressの設定変更

WordPressにログイン後、左メニューから設定一般をクリック。

WordPressアドレス(URL)サイトアドレス(URL)を「http://~」から「https://~」に変更します。

変更できたら、保存して完了です。再度ログイン画面が表示されると思うので、ログインして管理画面のURLも「https://~」に変わっていることを確かめましょう。

 

https→httpsにリダイレクト

最後に、「http://~」から始まるページにアクセスされた時「https://~」から始まるページに飛ばす設定を行います。

注意

今回のようにサイトURLが永久的に変更された場合は、単なるリダイレクトではなく301リダイレクトを行うことが推奨されています。気になった方は調べてみてください。

ロリポップトップページにログイン後、左メニューからサーバーの管理・設定ロリポップ!FTPをクリック。

独自ドメイン設定時に設定したフォルダがあるので、クリック。

.htaccessというファイルをクリック。

ファイルの先頭に、

<ifmodule mod_rewrite.c>

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTPS} off

RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

</ifmodule>

と入力して保存するをクリック。

これで301リダイレクトは完了です。

 

まとめ

以上、ロリポップでサイトをSSL化する手順でした。

メリットこそあれ、デメリットは一つもないのでブログを開設したらまず最初にやっておきましょう!