外出先でもスマートに。携帯靴べら(シューホーン)のすすめ。

靴の寿命を長持ちさせるために欠かせないアイテムの一つが、靴べら。家の玄関先で使っている方は多いと思います。

でも、外出先でも使っているという方は少ないのではないでしょうか?

外出先でも靴を傷めずに履くための、携帯靴べら(ハンドシューホーン)というアイテムがあります。ただ靴を守ってくれるだけでなく、持ち物にアクセントを加えてちょっとスマートに見せられるアイテム。全男子におすすめなのでご紹介します。

そもそも靴べらを使う意味とは?

靴の履き脱ぎをするときに一番負担がかかるのが、踵のトップライン(履きぐち)の部分です。トップライン(履き口)とは、靴の履き脱ぎをするときに足の入り口となる部分のこと。

 

ココ。

 

そして靴ベラを使わずに靴を履くと、このトップラインの踵部分に思いきり負担がかかってしまいます。

 

これは、僕が以前靴べらを使わずに履いていた革靴のかかと部分。気づくとかかとだけがこんなにボロボロになってしまっていました。

 

踵が潰れると靴の形が崩れて足に負担がかかりやすくなります。そして何より、みっともない!

こんな風に靴の寿命を早めてしまわないために、靴べらはとても重要な道具なんです。

スニーカーを履くときだって使いたい

ところで靴べらを使うというと一般的に革靴が想定されますが、スニーカーを履くときもぜひ使うべきだと思います。

踵に大きな負担がかかるのはどんな靴であろうと同じなわけで、大切に使うのなら靴べらで履いた方が良いに決まってる。

 

ということで、おすすめの携帯靴べらをご紹介します。

 

シックなデザイン

僕が使っているのは、こちらの携帯靴べら。

シンプルながらかっこよくて、どこにでも持ち歩けそうなシックなデザインです。

真鍮製なので強度も安心で、折れたりする心配はなし。

実際に使うときはこんな感じ。

上部のくぼみに親指がぴったりフィットするので安定して使えます。

 

さらにこのハンドシューホーン、ゴールド・シルバー・アンティックなど幾つかのバリエーションがあり、またツヤ有り/ツヤ無しも選べるのが嬉しいところ。上の写真で使っているのはシルバーのツヤ無しです。でもどれも味があって買うときは結構迷いました。

日本の職人によるハンドメイドがこの価格で買えるのはなかなかだと思います。

 

携帯靴べらを持ち歩こう

以上、携帯靴べら(ハンドシューホーン)のご紹介でした。

靴を守り、ジェントルマンを演出してくれる小粋なアイテム。是非皆さんも一つ持ち歩いてみてはいかがですか?

おすすめ記事
1. 全人類が加入すべし!→ Amazonプライム会員の特典が圧倒的すぎる

2. 大学生はさらにお得です→ 月159円の Amazon Student で使える特典がヤバい