考えすぎをやめて、打席に立つ回数を増やし、毎日継続するのが成功の近道

ホリエモン著の「99%の会社はいらない」という本を読んでいます。

「99%の会社はいらない」堀江貴文

ホリエモンの本は、なんというか、いいですよねえ。自己啓発本のよりリアリティのある版みたいな感じ。読んでいるとテンションが上がって何よりやる気が出てきます。

ということで結構好きなんですが、この「99%の会社はいらない」という刺激的なタイトルの本の中で特に意識したいと思う箇所があったので書いておこうと思います。

どの本でも一貫して語られていることなんですけど、ついつい忘れちゃう、というか意識できなくなってしまうんですよねえ。

とにかく行動せよ

行動できない理由として、いまの自分の仕事や、取り組んでいることに対して、「本当にこれは自分に向いていることなのか?」と勝手に悩んでしまうこともあるだろう。

(中略)

僕からしてみれば、そんなことは考えるだけ時間の無駄だ。

自分がやっていることが得意か不得意か。それを判断する基準なんて存在しない。世の中には思いがけないほどに、口を開けば「基準」という言葉を言う人がいる。

そして、得意であるか不得意であるかの基準や、失敗しないための基準などを気にしたりする。それは「頑張っても、後で無駄になるのが嫌だ」というわがままに過ぎない。

これこれ!これですよねえ〜、どの本でも一貫して語られている姿勢。

僕はものすごく頭でっかちで、何かをしようと思っても実際の行動に取り掛かるまでにあれこれいらないことを考えてしまいます。自分には向いてないんじゃないかとか、こっちのやり方のほうが効率がいいんじゃないかとか、今やる必要があるのかどうかとか、いろいろと。

しかもそれは実際に行動を始めてから後もそうで、何かをやりながら「やっぱり違うことをしたほうがいいんじゃないかなあ」とか無駄なことを考えながらイマイチ目の前の事柄に集中できなくなってしまったりするんですよね。

その原因はなぜかと考えてみると、やはり堀江さんが書いているように「頑張っても、後で無駄になるのが嫌だ」からなんじゃないかと思います。

でも、それを考え始めたら極端な話、何もできなくなってしまうかもしれない。

とはいえ、勉強にしても何にしても効率のいいやり方というのは存在するので、その方法を模索するのも重要なことでその兼ね合いが難しいんですけどね。

とはいえ、「やり方」を考えるのに費やす時間と実際に行動する時間の比重としてはやはり実際に行動する時間に圧倒的比率を注ぐべきなのは間違いないわけで、僕は「やり方」を考える時間が多すぎるのでそれを減らして行動を増やしていかなければなりません。

 

打席に立つ回数を増やす

失敗を恐れずに動き出そう。打席数が多ければ多いほどホームランの確率は上がる。打率が1割なかったとしても、100回打席に立てば一回くらいはホームランが出る。失敗をしないために打席数を少なくして打率を上げるのではなくて、打率は低いけれどより多く打席に立った方がいい。だから、まずは打席に立たないといけない。

下手に頭を使って考えて動けなくなるよりも、とりあえずはじめて続けた方が結果は付いてくる。続けていることで能力が下がることなんて、世の中にはほとんど存在しないのだから。

「打席に立つ回数が重要」と堀江さんは言います。

ブログに関しても同じですね。結局、結果を出している方は膨大な量の記事を更新している人ばかりです。イケハヤさんなんかは「質より量」って断言してますしね。

打席に立つ回数を増やすことは確率的にもホームランを打ち出す可能性を高めるし、量が質をブラッシュアップしていくというメリットもあるわけで、とにかく回数を増やしていかなければなあと思います。

 

行動していると精神を倦まない

行動量を増やすメリットは他にもあります。暇な時間がなくなって精神が健康になるのです。

人間やっぱり、あまりに暇な時間が多いと考えがどんどんネガティブになっていっちゃうんですよね。僕なんか特にそうなんですが、あまり予定を入れすぎたくないたちなので普段からだいぶぼんやりと過ごしているんですが、気づくとネガティブな思考の空回りサイクルに陥っていることがあります。

どうしてこのサイクルに陥るかといえば、それは多分やることがないからなわけで、結局は暇人だから無駄なことを考えてしまうのです。それならば、暇をなるべく無くせばいい。

暇をなくそうとして何かしようと思うのですが、そこで「うまくいかなかったら無駄になるな」とか「もっといいやり方があるはずだ」とか考え始めると、また無益な思考のサイクルにはまってしまいます。

これをなくすには、とにかく習慣づけが大事なんでしょうね。思いついたら即行動する。やってみてから考える。この癖をつけたいと思う今日この頃です。

 

まとめ

そんな感じでもっと色々しようと思った寝つけない深夜でした。よし。ただネット碁だけは適当に打って負けるとイライラするだけなので控えめにします。

おすすめ記事
1. 全人類が加入すべし!→ Amazonプライム会員の特典が圧倒的すぎる

2. 大学生はさらにお得です→ 月159円の Amazon Student で使える特典がヤバい