HUAWEI P9ファーストレビュー すっきりした外観とライカダブルレンズカメラが魅力!

ついに買えました!!

ずっと欲しかったHUAWEI製のスマートフォン「P9」を購入しました。HUAWEIはここ最近の成長が目覚ましい中国企業で、P9はそのHUAWEIが昨年6月に送り出した上位モデルのスマートフォン。特徴は何と言ってもライカ共同開発のカメラで、ダブルレンズを搭載し鮮やかな発色と一眼のようなボケ味を出すことができます。

今回はファーストインプレッションとして、今日届いたばかりのP9を1日触ってみてのレビューを書いていきます。

HUAWEI P9のスペックなど

  • OS:Android6.0
  • CPU:Huawei Kirin 955 オクタコア 2.5GHz
  • メモリ(RAM):3GB
  • ディスプレイ:5.2インチ 1920×1080
  • 容量:32GB
  • カメラ:リアカメラ:1200万画素×2  フロントカメラ:800万画素
  • 重量:144g

基本スペックはこんな感じ。

 

ライカ共同開発 2種のセンサーを搭載したダブルレンズカメラ

 

まず特筆すべき特徴はそのダブルレンズカメラ。レンズそれぞれがRGBセンサーとモノクロセンサーの異なるセンサーを搭載しており、二つの色情報を組み合わせることでより鮮明な写真を撮ることができます。

さらに「ワイドアパーチャー」機能を搭載。これは撮影後の写真でも任意の位置に焦点を合わせ、F0.95~16まで擬似的に絞り値を調整できる機能です。これによってまるで一眼レフのようなボケ味のある写真を撮影・加工することが可能。

開封の儀〜外観レビュー

dsc_0458

白を基調とした、なかなか高級感のある外箱です。

dsc_0459

フタをパカっと開けるとまず見えるのはスマートフォン本体。機体に傷がつかないよう、両面がフィルムで保護されています。

dsc_0462

地味に豪華なのが同梱品。クリアケース、ACアダプター、Type-A-Type-CのUSBケーブル、microUSBのType-C変換アダプター、イヤホンが付属しています。

どれも非常に実用的なアイテムです。

dsc_0470

本体表面。ディスプレイ横のスペースは非常に狭くスマートな印象を与えます。

dsc_0469

個人的にちょうど手で持ちやすいサイズ感が嬉しいところ。

dsc_0465

カラバリはミスティックシルバーで、裏面はこんな感じ。(シール取り忘れてた・・・)

dsc_0473

付属のクリアケースをはめてみたところ。電源ボタンはもちろん、カメラや背面の指紋センサーにも合わせてぴったり作られており、十分使える出来です。

dsc_0468

本体背面右上、カメラと横一列には「LEICA」の文字が控えめに書かれています。

 

カメラを使ってみる 写真作例集

早速カメラを使ってみました。

screenshot_2017-01-03-23-54-48     screenshot_2017-01-03-23-54-59

カメラはこのように様々なモードや設定を選ぶことが可能で、バリエーション豊かな写真撮影ができます。

以下の3枚は全て、絞り値(F値)を0.95に設定しています。

d5100 hanamaruudon dentyuu

絞り値以外の設定はいじっていません。しかし、なかなか綺麗でボケ感も良い写真が撮れました。

dentyuu2

こちらは、上の写真を「ワイドアパーチャー」機能でF16に変えたもの。

 

背面指紋センサーもGOOD

P9では、本体背面に指紋センサーが搭載されています。

この指紋認証はなかなか精度が高く、指を当ててからロック画面が解除されるまでが一瞬で使っていて爽快感があります。

また、電源ボタンを押してから指を当てるのではなく、スリープ状態でそのまま指を当てれば認証されるのでストレスがありません。

 

まとめ

購入後1日目のレビューをざっくりまとめてみました。

まだまだカメラも含めて使いきれていませんが、すでにかなり満足しています。

これからさらに数週間〜1か月ほど使ってみて、さらにレビューしてみたいと思います。

おすすめ記事
1. 全人類が加入すべし!→ Amazonプライム会員の特典が圧倒的すぎる

2. 大学生はさらにお得です→ 月159円の Amazon Student で使える特典がヤバい