新品の革靴やスニーカーにまず防水スプレーをかけたほうが良いワケ。

新品の靴を買った時ってちょっとワクワクしますよね。前から欲しかったけど手が出なかった靴をついに買った時なんかは早く履きたくて仕方なくなります。

憧れのシューズを手に入れて、早速履いていこうとしているそこのあなた!

ちょっと待ってください。実は新品の靴にやっておきたい、簡単で効果的なある手入れがあります。

それは”防水スプレーをかける”こと。

防水スプレーの主目的はもちろん雨などから靴を守る”防水”効果にあるわけですが、実はそれ以外にもいい効果があるのです。その靴が白のスニーカーだったりしたらなおさら。

 

防水スプレーで汚れが付きにくくなる!

防水スプレーの防水以外の効果、それは靴が汚れにくくなることです。

まあ外で当たる水自体が大抵汚いものなので、防水=汚れ防止でもあるのですが、それ以外の汚れも靴に浸透しにくくなります。

なので、まだ何の汚れも付いていない新品のうちに防水スプレーをかけておくのがおすすめなのです。

汚れは落としてからかけると良いかも

すでに何度も履いている靴でしたら、軽く汚れを落としてから防水スプレーをかけるのがおすすめです。

目立った汚れはないようなら、ブラシで軽くホコリを落とせば十分かと。

定期的に使えるので、馬毛ブラシは一本持っておいて損はないですよ。

 

そこそこ汚れている場合は、アルコールスプレーをかけた布やスポンジで拭いたりするくらいでも結構汚れは落ちると思います。(スニーカーの場合)

まあ汚れ落しに関しては素材や靴の種類によってやり方も違うので調べてみてください。

 

白スニーカーの汚れを落とす!スタンスミスのお手入れ
 
革靴をピカピカに!→ドクターマーチンのお手入れ

 

おすすめの防水スプレー

いくつもの種類を試したりしたわけじゃないんですけど、僕が使っているのはこれ。

靴屋とかでも一番よく見かけるやつですね。無難に正統派です。

汎用性広く革素材などにも使えて、バッグなんかにも使えるのでおすすめ。

最初はこれ買っておけば間違いないと思います。

 

防水スプレーのかけ方

まず基本的なこととして、防水スプレーは必ず外で使うこと!

ほとんどの場合、直接吸うと有害な物質が含まれているので気を付けましょう。

靴を置いたら、30cmくらい離れたところから満遍なく吹きかけます。1~2回全体にふきかければオーケーです。

一足ずつ分けてやった方がムラなくかけやすいのでいいと思います。

 

ちなみに、かけ過ぎたり部分に集中し過ぎたりするとシミになることもあるらしいので注意

やり過ぎず程よく、いい感じでかけましょう。

30分くらい外で乾かしたら完了です。

 

定期的に

スプレーの効果は時間が経つにつれて落ちていきます。

なので、汚れが付かないようにするには「一度かけて終わり!」ではなく定期的にかけることが大切です。

僕は数週間〜月1くらいでかけるようにしています。本当はもっと短い頻度でかけた方が良いみたいですが。

 

まとめ

ということで、新品の靴にまず防水スプレーをかけることをおすすめする記事でした。

簡単にできて、汚れ防止になかなか効果的なので皆さんも是非やってみてください!

おすすめ記事
1. 全人類が加入すべし!→ Amazonプライム会員の特典が圧倒的すぎる

2. 大学生はさらにお得です→ 月159円の Amazon Student で使える特典がヤバい